プライマリ・ケア連合学会 年次学術集会

今日はプライマリ・ケア連合学会の学術集会に参加するため、三重の津に行ってきました。

今帰りの新幹線です。

 

昨年からプライマリ・ケア連合学会の評議員となったので、もう少し真面目に活動しようと思い、その一環で今回参加しました。

発表も行いました。

タイトルは「かかりつけ医での特定健診受診者と健診対象者全体との相違点についての検討」。

健診を受診している人はほとんどがすでに病気と診断されているいわゆる「かかりつけ患者」であって、特定健診本来の目的である、「治療を受けていない人の病気の早期発見」には用いられていないんじゃないかという問題提起でした。

今後論文発表できればいいなと思います。

すこし推敲して投稿してみようと思っています。

 

長嶋 理晴 | 医学 | 16:24 | comments(0) | - |
1/114PAGES | >> |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--